オシャレで切れ味抜群!三徳グローバル包丁.com

料理人からも絶大な支持を得ている三徳グローバル包丁の人気の秘密を公開します。

 

カテゴリー:グローバル包丁が人気な理由

YOSHIKINのグローバル包丁が人気な理由

494369134603_l.jpg


グローバル包丁のデザインってカッコいいですよね。


ヨーロッパを感じるデザインですが、実はメイドイン・ジャパン
グローバル包丁も色々なメーカーがあって
どれを選んで良いか迷う方も多いと思います。



そこで、お勧めなのが「伝統の技」と「先端技術」が調和する
金属食器のメッカ新潟県燕市のYOSHIKIN(吉田金属工業)の
グローバル包丁です。



この包丁の切れ味やアイディアは世界各地から注目を集め
世界の包丁メーカーの業界に革命を起こしたのです。



「グローバル包丁は切れない」と話を聞くことがありますが、
YOSHIKINのグローバル包丁は違います!



実に30以上の製造工程を熟練した職人の手から手へと渡って、
生れたグローバル包丁は鋭い切れ味



包丁一つで下ごしらえは変わります。


トマトも潰れずスパッと切れます!
お肉のスライスだって、ストレスなく切れちゃいますよ。



包丁の決め手は切れ味



YOSHIKINのグローバル包丁で美味しい料理をつくってみませんか?



熟練の技による刃付け

1111-11728-10.gif



包丁の製造で最も重要な工程、
それが「刃付け」と呼ばれる作業。



グローバル包丁の刃付けは「はまぐり型」と呼ばれ、
一般的な包丁のように、直線的に鋭くなるのではなく、
緩やかなカーブを描きます。



それにより切れ味は鋭く、切った食材の刃離れが良くなります!



そのはまぐりの貝殻のような曲線を出すためには、
熟練した職人の技が必要不可欠



機械では繊細で微妙なバランスを出すことは出来ません!



手作業にこだわるからこそ、
最高のグローバル包丁が生れます!


 

さらに硬く丈夫なステンレスへ

E382B0E383ADE383BCE38390E383ABE7899BE58880E58C85E4B881.jpg
包丁に使用している素材は手術用のメスと同じ、
モリブデン・バナジウム入りの超硬質ステンレスが使われています。



この超硬質ステンレス鋼を包丁の形に成形し、
1000度以上の高温での焼き入れ・急冷・焼戻しを行います。




そうすると更に硬度・強度が増し、丈夫なステンレスが生まれます!



こうすることで従来の包丁より長く切れ味が保て
メンテナンスも簡単になるんですよ。



手間を掛けるからこそ最高の包丁ができる!



正に職人技ですね。


 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。